聖書を読む 「各部族の栄枯盛衰」

※私はミッションスクール出身ですが洗礼を受けていません(信徒でない)、 あくまで文学・歴史書として読んだ場合の個人的な感想です。基本的に信徒以外の方に向けて書いております。


エフライム族の台頭


モーセ五書」では祭司職(レビ族)を権威づける為に「モーセ」や「アロン」等の活躍が描かれていますが、これは自分達の土地をもっていなかった時代に「神の意思を民へ伝える」役割を持つ大祭司イスラエルの部族で中心的な役割を果たしていた為です。

カナン(パレスチナ)への侵略が開始されるとイスラエルの12部族はそれぞれの部族に土地を割り当てますが、この時に最も豊かな土地をエフライム族が割り当てられます。この事は何を意味しているのでしょうか。

この時代について書かれた「ヨシュア記」では非常に多くの戦闘が描かれており、戦闘で活躍した部族の地位が向上している事が読み取れます。中でも「ヨシュア記」の名前にもなっているヨシュアはエリコやアイを侵略する際の活躍が詳細に描かれており、ヨシュアを輩出したエフライム族がカナン侵略初期に中心的な役割を果たしていたと想像できます。




ユダ・ベニヤミン族の台頭


その後も、割り当てられた土地を各部族が侵略していくのですが、この時代は戦闘部族が台頭して来たとはいえ、まだまだ祭司職(レビ族)の地位も維持されていました。しかし、イスラエル連合王国の誕生とともに「イスラエルの王」が登場すると、それまで唯一無二の存在であった大祭司の有難味は薄らいでしまいます。

この時代を描いた「サムエル記」や「列王記」は大祭司よりもイスラエルの王を中心に描かれています。日本でも古事記や日本書紀で神話と結びつける形で王家(天皇家)の正当性を描いていますが、旧約聖書のこのあたりの文書も同じような役割を期待されて作成された物だと考えられます。

聖書を読んだ事がない人は旧約聖書の一部が王家の歴史書だというのは意外に感じるのではないでしょうか。そしてこの王家とはユダ族、ベニヤミン族の事であり「サムエル記」や「列王記」はユダ族、ベニヤミン族を権威づける役割も担っているのです。




レビ族の没落


ハスモン朝の時代にはイスラエルの12部族はユダ族(ベニアミン族は同化)とごく少数のレビ族のみになっており、ユダ族が「イスラエルの統治者はダビデの家系(イスラエルの王=ユダ族)から選ばれるべきである」と考えていた為、レビ族由来のハスモン朝の支持基盤は脆弱でした。

ハスモン朝は祭司(レビ族)の勢力であるサドカイ派に接近する事で何とか100年間は存続したものの紀元前37年に滅亡し、ヘロデ朝に取って代わられてしまいます。

紀元70年のエルサレム神殿破壊により「大祭司(レビ族)」押しの勢力(サドカイ派)が完全に力を失った事により、「イスラエルの王(ユダ族)」押しの勢力(ファリサイ派)が最大勢力となります。そしてファリサイ派主導で実施されたヤムニア会議で「マカバイ記」が外典とされてしまった事で「ハスモン朝(レビ族)」の功績は信仰の対象からも除外されてしまいます。
スポンサーサイト



プロフィール

おぼさりてい

おぼさりてい
歴史・経済に興味有り

広告

全記事表示リンク

検索フォーム