聖書を読む 「ユダヤ人の呼ばれ方の由来」

※私はミッションスクール出身ですが洗礼を受けていません(信徒でない)、 あくまで文学・歴史書として読んだ場合の個人的な感想です。基本的に信徒以外の方に向けて書いております。


「旧約聖書」の元となった「ヘブライ語聖書」を作成したユダヤ人達ですが、彼らは大昔から世界中に散らばって生活しており、住んでいた地域によって大まかに分類される事があります。中東関係のニュースなどで「ミズラヒム」などの言葉を耳にした事がある人もいるかもしれません。

「ミズラヒム」は中東周辺にもともと住んでいたユダヤ人を指す言葉なのですが、他にも「アシュケナジム」「セファルディム」といった分類があるのですが、実はそれらは聖書の言葉に由来するといわれています。


アシュケナジム


「アシュケナジム」という言葉の由来はヘブライ語でドイツを意味する「アシュケナージ」といわれており、「創世記(Genesis)」と「歴代誌上(Chronicles)」からその名前が取られているといわれています。

創世記 10:3(口語訳)
ゴメルの子孫はアシケナズ、リパテ、トガルマ。
歴代誌上 1:6(口語訳)
ゴメルの子らはアシケナズ、デパテ、トガルマ。

「アシュケナジム」の登場は7世紀とされており、ユダヤ人=金融業といったイメージを持っている方もいるかもしれませんが、多くの場合は「アシュケナジム」と分類されている彼等の事を指しており、現在でもイスラエル社会などのエリート層の多くは「アシュケナジム」となっています。

世界中に散らばったユダヤ人達ですが、多くは「セファルディム」「ミズラヒム」のように地中海沿岸部に住んでいたようで、ドイツ周辺にユダヤ人が住み始めたのが何時からなのかは現在も詳しく判明しておらず、イスラエル王国とは全く関係のないハザール王国の子孫であるという説まで存在します。


セファルディム


「セファルディム(Sephardim)」という言葉の由来は、スペイン系ユダヤ人がイベリア半島の事を聖書に登場する土地の名前から取って「セファラド」と呼んだ事に由来しているといわれています。
オバデヤ書 1:20(口語訳)
ハラにいるイスラエルの人々の捕われ人は、
フェニキヤをザレパテまで取り、
セパラデにいるエルサレムの捕われ人は、
ネゲブの町々を獲る。

その登場は15世紀前後とされておりエリートが多い「アシュケナジム」と比べて貧しい場合が多く、しかもその差は非常に大きいといわれています。



ミズラヒム


「ミズラヒム(Mizrachim)」という言葉の由来は、ヘブライ語で東を意味する「ミズラハ」の複数形だといわれています。主に中東周辺に住んでいたユダヤ人たちを指し、二大勢力となっている「セファルディム」「アシュケナジム」に対して少数派ですが、「ディアスポラ」とならずにパレスチナにとどまった人達を含んでいます。

パレスチナなどのアラブ社会と共存していた人々の中にはシオニズムによりイスラエルを建国し、中東が混乱する原因を作った「セファルディム」「アシュケナジム」を良く思っていない人達も存在し、「ミズラヒム」という言葉自体も現在のイスラエル社会に強い影響を与えている「セファルディム」「アシュケナジム」に対して出現した言葉といわれています。



スポンサーサイト



プロフィール

おぼさりてい

おぼさりてい
歴史・経済に興味有り

広告

全記事表示リンク

検索フォーム